期限が切れた時には

通勤からレジャーまで様々な形で利用することが出来る自動車は現代社会においてなくてはならない存在ですが、自動車を安全に載り続けるためには常に一定の品質を保持し続ける必要があります。自動車を購入してから定期的に行われている車検は自動車の走行に係わる様々なポイントを点検して安全に走行することが出来るかどうかの確認に用いられると共に、公道で走行するための証明を行っているのですが、車検が切れたのを忘れたままにしてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。
車検が切れた自動車は当然ながら公道を走行する権利を失うので普段どおりに大手を振って運転するというわけにもいきません。そのため車検の期限が切れているのを忘れてしまっている際は駆りナンバーを発行してもらって車検を行なうことで再度公道で運転することが出来るようになります。仮ナンバーの発行は市役所などで行なわれており、最大で5日間借りることが出来るので、その間に車検を受けて返却するようにしましょう。若しくは車屋などに連絡して売却するか廃車手続を行うことで処分することが出来るので、もし乗らなくなった自動車をそのままにしているのであれば車検が切れないうちに何かしらの形で処分するようにしたほうが面倒なことをしなくて済むでしょう。

コメントは受け付けていません。